豊岡市公式観光サイト
ふらっと 城崎温泉・出石・竹野・神鍋・但東へ

ふらっとリトリート豊岡 疲れたカラダとココロを思いっきりリラックス 城崎温泉 出石 豊岡 竹野 但東 家族におすすめ!
日数:2日間
おすすめ季節:

夏休み!日本海の美しい海を家族で楽しもう!

日本海の複雑な地形がもたらす神秘的なスポットをカヌーで楽しみ、風情ある城崎温泉街で浴衣でそぞろ歩き&夢花火! 海・食・温泉&花火・コウノトリ・花・・・この夏、豊岡で楽しめるアクティビティ&イベントを満喫する滞在プラン。

コースハイライト

  • 出石城下町名物!「出石皿そば」を食べる
  • カヌーで海上から見る国立公園内の神秘的スポットを堪能
  • 風情ある温泉街を浴衣姿でそぞろ歩き、外湯 & スイーツ巡り  
  • 夏の風物詩「花火」を温泉街で楽しむ
  • パワースポット「玄武洞」でエネルギー補充
  • 野生のコウノトリに出会い、幸せ気分
  • たんとう花公園(ひまわり畑)でハイポーズ!
  • ホワイトコーン収穫体験

9:00 京都・大阪・神戸三ノ宮を出発

京阪神から、豊岡市までは車で約2時間30分。
・大阪・神戸からは、中国自動車道から舞鶴若狭自動車道 / 播但連絡道路を経由して、北近畿豊岡自動車道を進み、養父IC / 八鹿氷ノ山IC / 日高神鍋高原ICで高速を降り、一般道で向かいます。
・京都からは、京都縦貫自動車道で与謝天橋立ICで降り一般道、もしくは綾部JCTで舞鶴若狭自動車道へ、福知山ICで降りて一般道で向かいます。

11:30 出石城下町に到着 → 昼食(出石皿そば)

但馬の小京都と呼ばれる「出石(いずし)」で、なんともユニークなのは、名物「出石皿そば」とその「出石皿そば」が食べられるそば屋が約50軒もあること!
まずは「出石皿そば」を食べましょう!

12:15 出石城下町を散策

出石は、国の伝統的建造物群保存地区に指定されており、昔ながらの趣が残る城下町です。
魅力的な建物や景色が街中にはたくさんありますので、ぜひ記念撮影を♪
また出石のシンボル「辰鼓楼(しんころう)」は、時を告げる時計台として「札幌時計台」との日本最古はどっち?でニュースにもなりました。
残念ながら27日札幌の方が早いという結果・・・。
話題の時計台でもぜひ記念撮影を!

12:45 竹野に向け出発

出石→竹野までは、車で約1時間(約33km)。
豊岡市の真ん中を流れる「円山川(まるやまがわ)」や、緑豊かな街並みを横目に、ドライブをお楽しみください!
もしかしたら、大空を飛ぶ「コウノトリ」にも会えるかも!

13:45 竹野の切浜海岸「海の家メリ」へ

山陰海岸国立公園にある透明度の高い切浜(きりはま)海岸。
受付を済ませて、準備を整えたら、日本海の複雑な地形がもたらす神秘的なスポットにカヌーでGo!!
陸の上からでは見られない、極上の景色をご堪能ください!

16:15 竹野から城崎温泉へ移動

本日のお宿にチェックイン。
城崎温泉街の旅館 / ホテルにチェックインすると、滞在中7つの外湯をフリーで回れる温泉パスポート「ゆめぱ」が提供されます。(注:「ゆめぱ」対応の無い宿泊施設もございます。宿泊施設ご予約の際に予めご確認ください。)
「ゆめぱ」を使って外湯を存分に巡ってください♪

夕食までに外湯を体験するも良し、お部屋でゆっくり休むのも良し、街を浴衣でぶらぶらするも良し!

18:00 夕食・外湯巡り

お腹いっぱいに夕食を召し上がったら、温泉街に散歩に出掛けましょう。
温泉巡りをしながら、遊技場・スイーツ店を覗いてみてください。

21:00 夢花火

平日の夜の場所お楽しみ♪
城崎温泉街の大谿川(柳並木)沿いで、打ち上げ花火をご堪能いただけます!
場所取りをしなくても十分に楽しめますので、花火の始まる直前にご希望の場所へ。

※「夢花火」は7/26(月)~8/22(日)の間、温泉街で平日毎日花火が打ち上げられます(※8月13・16日は除く)。
※8/22(日)のみ、花火の打ち上げ前に「大谿川納涼灯籠流し」が開催されます。願い事を書いた多数の灯籠が大谿川を流れ、幻想的な雰囲気を醸しだします。

2日目

8:30 朝食 → チェックアウト(10:00)

旅館・ホテルで朝食を食べた後は、チェックアウトまで、外湯巡りやお買い物をしましょう!
湯めぐりスイーツ「湯上りぷりん」、「湯あがりチーズタルト」、「城崎ジェラート」、「城崎ボトルスイーツ」などなど、も召し上がってみてください。

10:30 玄武洞公園

ブラタモリでも紹介された「玄武洞(げんぶどう)公園」を訪れましょう!
自然の驚異と偉大さに感動します!
玄武洞公園には、玄武洞、青龍洞、白虎洞・南朱雀洞・北朱雀洞があり、約160万年前の火山噴火で流れ出た溶岩が固まってできた地形です。
中でも、洞の下に池があり、迫力ある景観で、いつまでも眺めていられるパワースポット「青龍洞」は必見!!

玄武洞ミュージアム

玄武洞公園の正面にある玄武岩の六角形と5つの洞の並びをイメージした施設「玄武洞ミュージアム」。
世界各国から集められた宝石・光る石・奇石・化石・鉱物などが展示される、兵庫県最大の石の博物館(ミュージアム)です。
ミュージアムのほか、レストラン、但馬のお土産&ショップがあり、ものづくり体験もできますよ。

13:30 コウノトリの郷公園

豊岡市内では、街の至るところで「コウノトリ」を見ることができます!
かなりの確率で野生のコウノトリを見ることができるスポット「コウノトリの郷公園」がおすすめ。コウノトリの生態も詳しく学ぶことができます!
野外のコウノトリに出会えたら、ハッピーな気分になりますよ。

敷地内にある「コウノトリ本舗」では、コウノトリグッズや地元食材を使った薪窯ピザ等も食べられます。

カバンストリート

「カバンストリート」へは、コウノトリ郷公園から車で約10分。
豊岡は、千年の伝統をもつ鞄の産地。カバンストリートは、「豊岡鞄」の販売はもちろん、カバンの修理やクリーニングを行っているお店、カバンの自動販売機やモニュメントがあり、ユニークな商店街です。
お買い物だけじゃなく、街を歩いてカバンに触れて、楽しんで!

15:00 カバンストリート → たんとう花公園へ(車で約40分:30km)

たんとう花公園

約120アール(甲子園球場ほど)の敷地に約50万本のひまわりが絨毯のように咲き誇ります(8月上旬~中旬)。
夏の太陽の光を浴びて咲く、ひまわり畑の中で写真撮影を楽しんで!ひまわりの摘み取りもOKです。
また糖度が18度程度でメロンやスイカより甘い「ホワイトコーン」の摘み取り(有料)もできますよ。
残念ながら、2020年は中止。この夏こそは!ひまわり畑&ホワイトコーンを味わおう!!

16:00 京阪神に向けて出発

・大阪・神戸方面へは、一般道で舞鶴若狭自動車道 福知山ICへ
・姫路方面へは、一般道で播但播但自動車道 和田山ICへ
・京都方面へは、一般道で京都縦貫道 京丹後大宮IC/与謝天橋立ICへ

この夏の思い出をいっぱい持って、ご自宅まで気を付けて、お帰りください。