豊岡市公式観光サイト
ふらっと 城崎温泉・出石・竹野・神鍋・但東へ

ふらっとリトリート豊岡 疲れたカラダとココロを思いっきりリラックス 城崎温泉 出石
日数:2日間
おすすめ季節:

温泉と美味しいものを楽しもう!グルメ女子旅

風情ある「城崎温泉街」&「出石城下町」を散策。旬の日本海「海鮮グルメ」、散策のおとも「スイーツ」、名物「出石皿そば」を堪能!お友達同士・恋人同士・ご夫婦で、温泉・食を楽しみながら、思い出に残る冬旅を。

コースハイライト

  • 風情ある温泉街を浴衣姿でそぞろ歩き。開湯1300年の城崎温泉7つの外湯巡り
  • 温泉巡りの合間に散策グルメ・スイーツを召し上がれ!
  • 但馬の小京都「出石」でノスタルジックにまったり過ごす
  • 出石城下町名物!「出石皿そば」を堪能
1日目

京都・大阪・神戸三ノ宮(JR特急)出発

京阪神から城崎温泉駅は、特急で約2時間30分。
・京都からは、京都駅 8時38分発「はしだて1号」に乗車し、福知山駅で「こうのとり1号」に乗換え、城崎温泉駅10時58分着
・大阪からは、大阪駅 9時10分発「こうのとり3号」、城崎温泉駅11時52分着
・三ノ宮からは、三ノ宮駅 9時57分発「はまかぜ1号」で、城崎温泉駅12時27分に到着

12:00/12:30 城崎温泉到着、温泉街歩き・ランチ

城崎温泉街に到着したら、まずは大谿川添いの柳通りを歩いてみましょう!
街を歩きながら、ランチの場所を探してみてください♪
海鮮丼、但馬ビーフバーガー等の地元グルメ満載ランチのほか、うどん・そばやヘルシーランチもあり、その日の気分でお好きなランチをお召し上がりください。

*事前に宿泊施設にご連絡いただき、チェックイン前の駐車場利用の可否をご確認ください。また温泉街には駐車場が数か所ありますので、情報をご確認のうえ、ご利用ください。

13:50 城崎温泉ロープウェイ(約7分) → 14:00 大師山山頂

城崎温泉ロープウェイで、大師山の山頂に向かいましょう。
日本海まで一望できる眺望は『ミシュラングリーンガイドジャポン』で1つ星として紹介され、城崎に来たら見逃せないスポットの一つです。
綺麗な空気と景色をカラダ中で感じてください!

山頂にある「みはらしテラスカフェ」で景色を楽しみつつのカフェタイムもお勧めです。

14:50 大師山山頂 → (ロープウェイ)→15:30 元湯

16:00 お宿にチェックイン

城崎温泉街の旅館 / ホテルにチェックインすると、滞在中7つの外湯をフリーで回れる温泉パスポート「ゆめぱ」が提供されます。(注:「ゆめぱ」対応の無い宿泊施設もございます。宿泊施設ご予約の際に予めご確認ください。)

16:30 伝統工芸品「麦わら細工」に触れる

日本で唯一城崎のみで生産されている「麦わら細工」。
繊細で美しい細工を施し、あなたただけのオリジナルしおりを作ってみましょう!旅の思い出に、大切な人へのお土産にも最適です。

18:30 夕食

お宿で夕食を召し上がった後は、温泉街の外湯に行きましょう!
外湯めぐり、射的、リラクゼーション、スナック巡りとそぞろ歩き、夜も楽しむことができます。

*素泊まりのお宿の場合でも、温泉街には、但馬牛ステーキ・和食・中華・居酒屋・イタリアン・フレンチなど、お好みの夕食が楽しめますよ♪

城崎温泉の「外湯」を満喫

城崎温泉街には、趣の異なる7つの外湯があります。
「ゆめぱ」を使って、お好みの外湯をぜひ体験してみてください!

宿泊施設で「ゆめぱ」が提供されない場合も安心!
外湯1日券「ゆめぱ」(大人:1,300円 / 子ども:650円)を各外湯の窓口でお買い求めいただけます。
<鴻の湯>7:00~23:00 *火曜日定休
<まんだら湯>15:00~23:00 *水曜日定休
<御所の湯>7:00~23:00 *木曜日定休
<一の湯>7:00~23:00 *水曜日定休
<柳湯>15:00~23:00 *木曜日定休
<地蔵湯>7:00~23:00 *金曜日定休
<さとの湯>13:00~21:00 *月曜日定休

2日目

8:30 宿泊施設で朝食 / 外湯 → チェックアウト(~10:00)

宿泊施設で朝食を食べたあと、チェックアウトまで時間があれば、1日目に行けなかった外湯を訪れてみてください。
早く目が覚めれば、朝食前に外湯に行くのもお勧めです!

10:00 城崎~出石(JR/バス)移動 → 11:10出石城下町

JR城崎温泉駅(10:09)から豊岡駅(10:24)、豊岡駅(10:35)からバスで出石(11:05)へ。
*土曜日・日曜日・祝日の場合は、城崎温泉(10:13)から出石(11:05)までの直通バスが便利です。

江戸情緒溢れる城下町「出石(いずし)」

江戸、明治、大正、昭和の面影が、街のあちこちで感じられる城下町「出石」。

京阪神から、城崎温泉・香住・天橋立など日本海側を楽しむ旅の途中の立ち寄りスポット(大阪・神戸・京都から約2.5時間。姫路から約1.5時間)としても人気の街です。

11:15 出石城下町散策①

野面積みの石垣がそのまま残る「出石城跡」。
石段を登り37基の美しい鳥居をくぐり抜けた最上段にある稲荷神社からの眺望は必見です!

「出石家老屋敷」

江戸時代の三大お家騒動の一つ、仙石騒動の中心人物:仙石左京の屋敷跡に移設された上級武士の居宅「出石家老屋敷」。建物内の様々な仕掛けが面白いですよ。

「辰鼓楼(しんころう)」

札幌時計台に次ぐ、日本で2番目に古い時計台「辰鼓楼」。現在も時を知らせる太鼓の音が街に響きます。
街のシンボルであり、記念撮影場所、待ち合わせスポットとしても重宝されています♪

12:00 名物「出石皿そば」めぐり

出石観光センターで、イズパを購入。永楽通宝(疑似通貨)が3枚入っている巾着を受け取ったら、お目当ての蕎麦屋に向かいましょう!
約30軒の蕎麦屋から3軒を巡ることができます。 
*永楽通宝1枚で出石皿そば3皿のお食事(蕎麦屋3軒で計9皿のお食事。そばの食べ比べができます。)

出石城下町散策②

近畿最古の芝居小屋「永楽館」。
明治34年に開館し、一度は閉館しましたが44年の時を経て復活!廻り舞台、奈落、花道といったバックヤードをご覧いただけます。

「出石史料館(豪商:福富家旧邸)」

生糸を商っていた明治時代の豪商の旧邸を改装して作られた「出石史料館」(兵庫県住宅百選)。明治期の高度な建築技術が使用され、贅沢な造りは一見の価値あり!

「出石酒造の酒蔵」

1708年創業の老舗の蔵元の土壁が独特の風情を醸し出している酒蔵。現在はこの場所で醸造されていませんが、代表銘柄「楽々鶴(ささづる)」の試飲体験・購入ができます!

散策の合間に、地酒・地ビール・ワインの試飲も

地酒「楽々鶴」、地ビール「出石城山ビール」、ソムリエによるワイン試飲が、出石城下町の散策中に楽しめます。お酒が苦手な方には、地元スイーツもお楽しみいただけます。

*出石の街歩きには、お得な散策パス「イズパ」、「イズパ -ほろよい- 」、「イズパ -スイーツ-」をぜひご利用ください!(詳細はページ下部のリンクから)

14:30 出石出発(バス)→ 15:00 豊岡駅、帰路(京都・大阪・神戸方面)へ

・「京都」方面へは、15:41発「特急こうのとり22号」、福知山駅で「特急はしだて6号」に乗り換え、京都駅まで(18:08到着予定)
・「大阪」方面へは、15:41発「特急こうのとり22号」で大阪駅まで(18:21到着予定)
・「姫路」「三ノ宮」方面へは、16:07発「特急かにカニはまかぜ」で、姫路駅(17:41到着予定)、三ノ宮駅(18:31到着予定)

*2022年1月現在のダイヤのため、旅行計画の際には、列車の運行情報等をご確認くださいませ。