豊岡市公式観光サイト
ふらっと 城崎温泉・出石・竹野・神鍋・但東へ

ふらっとリトリート豊岡 疲れたカラダとココロを思いっきりリラックス

豊岡市来日岳山頂から望む一面の雲海

■豊岡市街地、城崎温泉、竹野浜を見渡せる雲海スポット来日岳

来日岳(来日山)は、豊岡市城崎町来日にそびえる標高567mの山です。ふるさと兵庫100山の一つになっており、山頂からの展望は良好で、眼下には豊岡盆地、円山川、山陰海岸国立公園が広がっています。いろいろな読み方がありますが、「くるひだけ・くりいだけ・くるひやま・くりいざん」など地元では呼ばれています。

湿度が高い豊岡盆地を眼下に望むため、目の前いっぱいの雲海が見れることで有名で、秋シーズンになると市内外からお客様が訪れます。ご来光とともに雲海が光を反射して輝く光景はまさに幻想的です。

■雲海が出現する条件

同じ但馬地方にあり、天空の城として知られる竹田城があるあさご市ポータルサイトあさぶら「勝手に雲海予報」によると、雲海の出現条件は、放射冷却により地面が冷やされること、地表面付近の水蒸気を含んだ空気が冷やされることにより霧となること、無風状態でボウル状の地形に霧が留まることで出現するとされています。そのため、豊岡市を含む但馬地方では、おもにに9月から11月の間の次のような条件の日が多いとのことです。

1.前日の夜から明け方の気温が低くなり、日中に向けて暖かくなる寒暖差が10℃以上ある日
2.当日の朝の天気が良く、風がない日
3.前日の日中が温かく、湿度も高いこと

あさご市ポータルサイトあさぶら「勝手に雲海予報」https://www.asabura.jp/unkaiforecast

ただ、これらの条件が揃ったからといって必ず見れるわけではなく、運の要素も関わってきます。

■運よく雲海に出会えるとこんな景色

目の前いっぱいに広がる雲の上に、ぽつぽつと山々が見え、本当に海に浮かぶ島のように見えます。
朝日が差し込む瞬間には神秘的な景色を見ることができます。
日の出時間の15~20分前くらいから徐々に明るくなってきます。

■雲海が見れなくても絶景!

来日岳は雲海が出なくても、豊岡市街地の中心を流れる円山川に映る朝日や朝焼けに染まる竹野浜を見ることができ、素敵な景色を見せてくれます。

■来日岳でできるアクティビティ

ふらっと、リトリートTOYOOKAでは過去に、朝日を見ながらピラティス体験ができるイベントを企画しました。次回開催は未定ですが、その際はお知らせしますので、ご関心のある方は「ふらっと、リトリートTOYOOKA」公式InstagramFacebookのフォローをぜひよろしくお願いいたします。

▼過去に実施したイベント(現在は終了しています。)

■車で山頂まで行ける!来日岳へのアクセス

来日岳は、山頂まで自動車で行くことができます(城崎温泉駅から約30分 / 豊岡駅から約40分)。

ひんやりとした風を感じながら、今しか見れない絶景を見て、ココロもカラダもリフレッシュしませんか。
ちょっと早起きしたら、温泉街から山頂まで車で気軽に雲海を見に行ける来日岳。城崎温泉や豊岡にお泊りの際には、ぜひ立ち寄ってみてください。

来日岳から車で20分。城崎温泉ってどんなところ?

※山道のため、道幅が大変狭い箇所があります。またガードレールのない場所もありますので、暗い明け方の運転には十分お気を付けください。

おすすめモデルコース