INBOUND DATAインバウンドデータ

2019年の豊岡市外国人観光客の状況

宿泊者数

63,648 人泊

(対前年 +17.2% )

観光消費額

- 万円

(対前年 )

平均宿泊日数

-

(対前年 )

2019年の外国人延べ宿泊者数は、63,648人泊(前年比 17.2%増)で過去最高となりました。
国別では、台湾が15,080人泊(シェア23.7%)で第1位、次いで中国 10,843人泊(17%)、香港 6,714人泊(10.5%)、タイ 5,430人泊(9.5%)、アメリカ 4,883人泊(7.7%)、フランス 3,130人泊(5%)となりました。上位10市場のうち、台湾、中国、香港、アメリカ、シンガポール(第7位)、オーストラリア(第8位)、イギリス(第9位)、カナダ(第10位)が前年比プラス、タイ、フランスが前年比マイナスといった状況です。中でも2019年は、台湾市場が前年比143%、アメリカ市場が前年比159%と大きく成長しました。

豊岡市 外国人延べ宿泊者数の推移

2019年第1四半期(1-3月)の外国人延べ宿泊者数は、18,192人泊で前年同期比36.7%増となっています。
特に高い伸びを示したのは、台湾(+85.2%)、シンガポール(+80.6%)、アメリカ(+59.4%)、フランス(+54.2%)でした。

2019年第2四半期(4-6月)の外国人延べ宿泊者数は、15,920人泊で前年同期比2.0%増となっています。
特に高い伸びを示したのは、香港(+46.7%)、アメリカ(+40.7%)で、上位10市場のうち2018年同期に大きく伸ばした台湾、フランスにおいては、今期マイナス成長となりました。

2019年第3四半期(7-9月)の外国人延べ宿泊者数は、11,086人泊で前年同期比4.5%増となっています。
第1・第2四半期に続き、高い伸びを示したのはアメリカ(+74.9%)、今期急成長したのはオーストラリア(+43.1%)でした。前期に対前年比マイナスとなった台湾(+36%)も復調しましたが、フランスは前期に続き対前年同期比18.4%減となりました。

2019年第4四半期(10-12月)の外国人延べ宿泊者数は、17,752人泊で前年同期比20.1%増となっています。
特に大きく伸ばしたのは、アメリカ(+72.7%)、カナダ(+94.3%)の北米市場です。またラグビーワールドカップによる訪日増のイギリスも前年比49.5%増と順調に伸びました。その他、シンガポール(+51.8%)、台湾(+39.4%)、オーストラリア(+23.9%)も前年比増となりましたが、香港は対前年同期比12.5%減、フランスは対前年同期比7.6%減となりました。

JOIN US
会員(パートナー)募集!

私たちと協働していただける、パートナー(会員)を募集しています。